悲観停止

幾千の星空の下 夜露は無情に光る

Amazonで投げ売りされてた音源を救いたい Lúcide『Synthetic Brain』

皆さん、Amazon使ってますか?

 

Amazonは僕にとって貴重な90年代ヴィジュアル系音源入手方法のひとつです。

そこで、今回はAmazonで捨値で売られていた90年代ヴィジュアル系を救済していこうということで、こちらを紹介させてください。

 

f:id:drinkerchild:20200619092648j:image

Lúcide『Synthetic Brain』

1. エナジー

2. Thrill

3. [SN-スノウ-OW]

4. Lesson

5. Krash

6. 薔薇ノ吐息

 

野獣先輩BBシリーズの「りんごBB」みたいなデザインのジャケですが、(淫夢要素は)ないです。

 

1997年リリース、名古屋で活動していたバンドの唯一のCD音源です。

マイナーなバンドですが、ベースはex.LaputaのKusuba氏、vo.は後のSTELLA MARIAのTsurugi氏、gt.はex.CROW-SISで同じく後のSTELLA MARIAのJun氏、dr.はex.Romance for〜、後にMerry Go Roundにも加入するShoji氏がメンバーです。

90年代ヴィジュアル系オタクしかテンションが上がらない最高のラインナップですね。

 

そんなLúcideの『Synthetic Brain』ですが、Amazonで1円(送料込み351円)で買いました。やっす!

※この記事書いているときに見直したら30円ぐらいが最安値でした。それでもアホみたいに安い。

Amazonで1円で投げ売りされているのは90年代ヴィジュアル系あるあるですね。

 

1. エナジー

初期のヴィジュアル系を彷彿とさせるミドルテンポのヘヴィな曲。

ザクザク刻むリフはジャパメタの影響を感じますが、ところどころ初期のLUNA SEAや90年代初頭のBUCK-TICKっぽいところもあったり。

その辺が好きなら気に入りそうですね。

 

2. Thrill

シンコペーションを多用した正統派なヴィジュアル系ナンバーですね。

この手の曲はポンコツインディーズ系バンドだと音圧がペラッペラになりがちですが、重低音もしっかりしていて聞き応えがあります。

 

3. [SN-スノウ-OW]

名古屋系バンドなので、見事なLaputa式タイトルです。

ディレイを効かせたテッテケテケテケイントロはDEAD ENDの GOOD MORNING SATELLITEやLUNA SEAのMOONから続く伝統芸能

サビの哀愁漂うメロディがかなり良くて、オタクは涙を禁じ得ません。

 

4. Lesson

これがなかなか面白い曲。

スラップベースがループする中で語りだのボーカルの1フレーズだのデジタルな音像が入り乱れます。

展開も急にぶった切ってガラッと目まぐるしく変わる非常に実験的な印象です。

90年代ヴィジュアル系には珍しいですねこういうの。

 

5. Krash

名古屋系の正統派なドロドロ疾走ナンバーです。

Laputaの奈落の底に電子音楽的要素を添加したような曲。

ただ、この手の曲にありがちなタツタドラムとは若干違うリズムで爆走するので結構好きです。

 

6. 薔薇ノ吐息

タイトルが最高。

「薔薇」ってX JAPANのイメージからV系と結びつけられやすいですが、実はそんなに頻繁に出てくる花じゃないですよね(体感だと百合の方が出てくる気がする)

いかにも90年代ヴィジュアル系な哀愁メロディなのですが、テンポがそこまで速く無いので、典型的90年代ヴィジュアル系ソングとは若干違う印象を受けるかもしれません。 

アウトロでひたすらため息をついているのが最高。

そんなにため息ついてたら幸せが逃げるぞ!と言いたくなるところですが、ヴィジュアル系って大抵不幸せな世界観を是としているので全く問題ありません。

キミも切ないアルペジオをバックにため息つきまくってヴィジュアル系になろう!

 

以上が作品の感想です。

本体価格1円だし、知名度ほぼze零roなので全く期待して無かったのですが、演奏・歌唱ともにしっかりしているし、メロディも中々哀愁漂っており良いですね。

僕は好きです。

曲も名古屋系のフォーマットをなぞりながらも、所々にオリジナリティを感じられる良い作品でした。

もっと評価されても良いかなって思いますので、これ読んだ人は全員買ってください。

多分ブックオフだと売れなさすぎて廃棄されていると思うので、ネット通販で探すのが良いです。

 

それでは、さようなら。

 

〈おすすめ曲〉

www.youtube.com

 

Amazonのリンク

www.amazon.co.jp